トレードビュー(Tradeview)の口座開設と本人確認手順

トレードビュー(Tradeview)

2004年にオープンさせた、海外FX業者の中では歴史が古いトレードビュー(Tradeview)

クレジットカードや銀行送金だけじゃなく、スティックペイ(STICPAY)決済にも対応してます。

チキ美春
他のFX業者よりも取引コストが安いのが魅力よね!
ガルゾウ
そうだな、俺はすでに口座開設してトレードしてるぞ!

というわけで今回は、トレードビューの口座開設手順について画像付きで解説します。

トレードビュー(Tradeview)の口座開設時に必要な書類

トレードビュー(Tradeview)は口座開設するさいに、本人確認書類が必要になります。

身分証明書類の画像(右から1つ) パスポート、免許証、マイナンバーカード
住所証明書類の画像(右から1つ) 水道ガスなど公共料金の明細書、住民票、保険証

各1つをスマホで撮影して、画像を用意しておいてください。

住所証明書類については、発行から3か月以内が有効になります。

※僕は免許証と住民票で提出しました。

トレードビュー(Tradeview)の口座開設手順

ではトレードビュー(Tradeview)の公式ページを開きます。

>>トレードビューの公式サイト

取引プラットフォームから1つ選択。

個人的には「メタトレーダー4 X Leverage」が使いやすくて推奨。

スキャルしかしないなら「Cトレーダー」がおすすめ。

通貨は何でも構いませんが円が分かりやすい。

 


  • 姓:苗字をローマ字(例:yamada)
  • 名:名前をローマ字(例:kenji)
  • ミドルネーム:空欄でOK
  • 出生地:japan
  • 生年月日:選択する
  • パスポート番号:不要
  • パスポートの有効期限:そのままでOK
  • 国籍:japanを選択

 


  • 国:japanを選択
  • 都道府県:英語表記(例:aiti)
  • 市区町村:英語表記(例:naka-ku,nagoya-shi)
  • 住所:英語表記(例:1-5-9,nishiki)
  • 住所「必要な場合」:マンション名など英語(例:303,haitunishiki)
  • 電話番号:スマホの番号(例:+819011112222)
  • Eメールアドレス:WEBメール(例:zzr@gmail.com)

性別と未婚か既婚か選択する。

住所は英語表記なので、上記の例は「愛知県名古屋市中区錦1丁目5番地9」の場合です。

スマホの番号は「+81」が国番号で、最初の「0」を抜いた数字を入力。

 


米国市民権に関する情報:日本在住なら「(C)米国市民権や永住権はありません」にチェック

ご職業に関する情報:職業と年間の所得をおおよそでチェック

 


  • 総資産:おおよその金額にチェック
  • 収入源の関する情報:当てはまるものを選ぶ
  • 米国市民件・永住権に関して:チェックする
  • 破産された経験はございますか:該当するほうにチェック

 


今までの投資経験に関する質問内容です。

該当する項目と取引頻度など、おおよそで構わないので選択します。

投資の経験が全くない状態だと、「追加リスク同意書」の提出が後から必要なので面倒です。

 


  • 年間投資予定額:該当する金額を選択
  • 口座の目的:投資の目的を選択
  • 口座管理の担当:該当する項目にチェック

「紹介ブローカー名」と「弊社担当や紹介ブローカー・・」という項目は空欄でOKです。

 


本人確認のため、身分証と住所確認の画像をそれぞれアップロードします。

最後に署名をしてください。

パソコンならマウスで、スマホの人は指でなぞって記載します。

名前、苗字の順番でイニシャルだけでもOKです。

 


口座開設の申請が終わると、トレードビューから受けつけたというメールが届きます。

口座開設には1日~2日程度を要することが多いです。

以上がトレードビューの口座開設方法になります。